ITCアエロリーシング、緊急医療搬送航空機 計10機のリース案件を組成

2020年4月3日

 ITCアエロリーシング(ITC)は、米国の大手救急医療搬送会社向けにエアバス・ヘリコプターズ社製H125 型ヘリコプター1機と同H130 型ヘリコプター2機、ベル社製Bell407型ヘリコプター1機、及びピラタス社製PC-12型ターボプロップ機6機、合計10機のオペレーティングリース案件を新たに組成いたしました。今般の組成でITCが米国でリースする緊急医療搬送航空機は合計26機となりました。

弊社はこれまで米国の大手救急医療搬送事業会社に対してオペレーティングリースでドクターヘリを提供しておりますが、今回は弊社としては初めて本件運航会社に対して、ターボプロップ機を救急医療搬送用としてリースすることとなりました。この度納入されたスイスのピラタス社が製造するPC-12型機は、弊社が1994年の初号機納入直後より各国の運航会社にリース提供してきた固定翼機で、単発機としては胴体サイズが大きく、高い安全性と経済性で定評があり、旅客用としてだけでなく医療搬送用としても人気があり今日まで1700機以上の納入実績を誇るベストセラー機です。

米国各地に300ヶ所以上の航空基地を有し、陸上での救急医療搬送事業も手掛ける同社は、現在、米国でも急速に拡大を続ける新型コロナウィルス感染症に対して万全の感染予防策を講じつつ、医療搬送のみならず、政府機関等の要請に基づき各地の空港で到着者のウィルス感染検査を行うなど、陸・空双方から昼夜を問わず最前線で救急医療活動を続けています。

今後も世界各地の運航会社の多様なニーズに対応すべく、投資家の皆様と共に社会貢献度の高い航空機・ヘリコプターのリース事業を推進・展開して参ります。

 

【お問い合わせ先】

株式会社ITCアエロリーシング