ITCアエロリーシング、緊急医療搬送航空機リースを更に拡大

2020年4月30日

ITCアエロリーシング(ITC)は、米国の大手救急医療搬送会社向けにエアバス・ヘリコプターズ社製H130型1機のオペレーティングリース案件を新たに組成いたしました。

ITCは今年3月末及び今月初旬にも本件米国救急医療搬送会社向けにヘリコプター4機及びターボプロップ機6機、合計10機のオペレーティングリース案件を組成いたしました。今般の組成で、ITCは米国市場でのドクターヘリを含む緊急医療搬送航空機を27機リースすることとなりました。

日本では、ドクターヘリが現在53機活躍していますが、日本の約25倍の国土を持つ米国は、救急医療搬送用ヘリに加えターボプロップ機、ジェット機等、合計約1,600機が24時間体制で救急患者の対応を行っている世界最大規模の市場です。

今般リースした最新式のH130型機は、シリーズ全体で約700機が世界65ヵ国にて運航されおり、特に米国ではその内約40%近くが運航されています。他の小型単発ヘリコプターと比べキャビンが広く、低騒音のH130型機は最大7名の乗客を収容でき、人員輸送や物資輸送など様々な用途で活躍しています。

ITCは、創業以来30余年に亘り、日本をはじめとする世界25ヵ国の運航会社に対し、様々なヘリと航空機をリースして参りました。今後も各国の運航会社の多様なニーズに対応するとともに、国際優良資産としての航空機を投資家の皆様に提供して参ります。

【お問い合わせ先】
株式会社ITCアエロリーシング